【青山】扇谷孝太郎 ロルフィング(R)に学ぶ 筋膜アプローチと前屈&後屈の柔軟性

  • TOKYOYOGA青山
  • カラダ

2018年7月19日(木)16:00〜18:00


前屈が苦手なのはハムストリング(腿のうらの筋肉)が硬いから?

後屈が苦手なのは肩や腰の筋肉が硬いから?

それらは柔軟性の向上を妨げている一番の要因でしょうか?

答えは、NO!

ハムストリングが緊張してしまうのは、ハムストリングと筋膜によってつながった背中や足裏の筋肉の動きが悪いから。

肩や腰が硬いのは、筋膜でつながった大腰筋などの深層部の筋肉の働きが悪いからです。

動きの悪い筋肉はそれらを感じるためのセンサーも鈍くなっているので、意識に上りにくいのです。

では、柔軟性を高めるにはどうすれば良いのか?

解決のためのキーワードは「筋膜」です。

・・・


前屈や後屈のポーズのための柔軟性不足。それは、ヨガやバレエ、ピラティスなどの初心者がしばしば陥りがちな問題ですね。

この講座では、全身の筋肉や骨格をつないでいる「筋膜」に着目することで、より楽に股関節や背骨の柔軟性を向上させることを目指します。

・・・

「筋膜」とは、あらゆる筋肉、骨、内臓、神経、血管を包み、お互いを連結させている薄い膜のこと。コラーゲンを主成分とし、引っ張りにつよいとともに弾力性、潤滑性にすぐれています。

筋肉や骨などの身体を構成する部品はこの「筋膜」によって、つなぎ合わされ、あるべき位置に収められ、姿勢を形づくります。

そして、身体の柔軟性はこの筋膜のつながりのネットワークの伸び縮みによって決まってくるのです。

もし、偏った姿勢や動きの繰り返しの中で、一部の筋膜が水分を失い弾力性や潤滑性を失うと、そこにつながった一連の筋膜の動きが制限され、身体は柔軟性を失います。

筋膜のつながりのパターンを知り、そのラインの中に含まれる筋肉を適切に動かすことで、無理のないストレッチが可能になります。

・・・

今回は、前屈、後屈の動きに必要な筋膜のつながりのラインを知るとともに、エクササイズを通してそれらを活性化させて行きましょう。

とくに、エクササイズにおいては、筋膜に強い圧力や牽引を強いるのではなく、触覚を中心に視覚や聴覚などの五感を活用することや、呼吸による自律神経のコントロールなどによって、無理なく筋膜の柔軟性を高めていきます。


以下のようなトピックスを扱う予定です。

・間違ったストレッチ

・筋膜とは?

・前屈・後屈に必要な筋膜のつながりのライン
・筋膜と五感のはたらき
・筋膜と呼吸
・筋膜アプローチのためのエクササイズ

6月スタート 扇谷孝太郎先生の連続講座はこちら

前回受講された方のアンケートのご紹介





インストラクター紹介

扇谷孝太郎

扇谷孝太郎(おおぎやこうたろう)

1995年、演出家竹内敏晴氏の「からだとことばのレッスン」に出会い、身体と表現についての探求を始める。

2001年、ロルファーの資格を取得し公務員から転身。現在は、鎌倉と恵比寿にてロルフィング(R)を中心に、クラニオセイクラルやソマティック・エクスペリエンス(トラウマセラピー)などの個人セッションを行う。

その一方、日本最大のヨガイベント「ヨガフェスタ」講師をはじめ、年間50講座以上のワークショップで講師を務める。

呼吸や感覚、イメージの活用を独自の視点でまとめた「動くための解剖学」は、ダンサーやヨギなど、高度な柔軟性と身体バランスを必要とする人々から高い支持を得ている。

・米国The Rolf Institute認定アドバンストロルファー
・米国The Rolf Institute認定ロルフムーブメントプラクティショナー
・クラニオセイクラルプラクティショナー
・ソマティック・エクスペリエンス認定プラクティショナー

扇谷孝太郎HP

※ ロルフィングは米国The Rolf Instituteの登録商標です。

ロルフィング(R)とは?

ロルフィング(R)(=Rolfing(R)・
StructuralIntegration)(※1)はアメリカの生化学者アイダ・P・ロルフ博士によって開発された身体の再教育プログラムです。姿勢や動きを重力に調和させ、人間の持つ潜在的な可能性を引き出すことを目的としています。全身の筋肉や骨、内臓などをつなぐ筋膜と呼ばれる組織に、独特の手技によって働きかけ、それらが本来あるべき位置と状態に戻していきます(※2)。同時に、ロルフムーブメントと呼ばれるエクササイズを通して身体の動きと感覚への気づきを深め、ケガや不調の原因となる基本動作の偏りを修正します。その結果として、不調の改善だけでなく、スポーツやダンス、ヨガ、武術、歌唱などのパフォーマンスの向上に役立ちます。
※1 ロルフィング(R)・は米国TheRolfInstiuteの登録商標です。
※2 本来、ロルフィングの施術はマンツーマンで10〜12回かけて行われます。この講座では、ロルフィングにおける身体や動きに対する考え方の一部を使って、グループでできるエクササイズとしてアレンジした内容をご紹介します。

スケジュール / 費用・定員

定員:15名

スケジュール 事前店頭振込

【青山】扇谷孝太郎 ロルフィング(R)に学ぶ 筋膜アプローチと前屈&後屈の柔軟性

2018年5月24日(木)16:00~18:00
キャンセル待ち

6,000円
(0円)
6,000円
(0円)

7月【青山】扇谷孝太郎 ロルフィングに学ぶ筋膜アプローチと前屈後屈の柔軟性
7月19日のお申込みはこちらから。締切は7月8日(日)です。

2018年7月19日(木)16:00-18:00
キャンセル待ち

6,000円
(0円)
6,000円
(0円)

※キャンセル待ちの表示がある場合は満席のクラスです。お申し込みをしていただければキャンセル待ちの予約となり、空きができた際に先着順でTYGよりご連絡を差し上げます。

場所

TOKYOYOGA青山

費用について

6,000円(税込)

※お申し込みは7月8日迄※

※銀行振込
本日より5日以内に下記にご参加費用をお振込ください。
(開催日5日前を過ぎてのお申し込みは至急お振り込み願います。)
振込手数料はご負担いただいております。ご了承ください。
※事前店頭支払い
「お問い合わせ」欄に「来店予定日」と「お支払希望のスタジオ(青山/渋谷)」をご記入ください。
※事前申込みの場合でも支払を当日される場合は当日料金(+1000円)となります。