【渋谷】chamaヨガ指導者養成コース200時間 平日開催

  • Practice渋谷
  • ヨガ

2016年2月20日(月)よりスタート


chamaの少人数制の指導者養成コースです。

講師がそれぞれの疑問にその場で応えることで、学んだことが確実に身につきます。



chamaミニクラスつき説明会 開催!

日時 12/26(月)14:00-、1/6(金)14:00-
場所 Practice渋谷
定員 4名
お申込は一番下よりお願いいたします。


説明会

日程 12/12(月)12/19(月)12/22(月)12/26(月)(*Practice渋谷にて)、12/29(木) 1/5(金) 1/12(金)
時間 15:00-16:00
場所 TOKYOYOGA青山

※ご希望日時をお電話(03-6379-1210)もしくはE-mail(tt@tokyo-yoga.com)にてご予約下さい。
ご都合が合わない場合は個別でもご説明いたします。ご希望の候補日を2,3つおっしゃってくださいませ。


chamaヨガ指導者養成コース

【200時間指導者養成コースを修了することで得られること】

・自立したヨガ練習生としての姿勢

・基本的な機能解剖学への知識

・アシュタンガヨガならびにハタヨガの基礎と指導

・リストラティブヨガの基礎と指導

・ヨーガの成り立ちへの理解とヨーガ哲学の土台

・ヨガティーチャーとしてのプロモーションの方法

・ヨガティーチャーとしての自覚と自信

・TOKYOYOGA指導者養成コース(200時間)認定証

・全米ヨガアライアンス200時間への登録申請資格

 (200時間の申請にはクラスチケット10回の消化が必須となります)

【chama指導者養成コースの特徴】



1.実践主義
「教えることは学ぶこと」

本当にもっと学びたいのであれば、教えること、だと考えます。
もし、ヨガをもっと深めたいと思っているあなたが、何が必要かをしりたいのであればためしに誰かに教えてみてください。
自分が何を知らなくて、何を知ってるのか?知っているようで、実はあいまいだったこと。様々なことに気がつくでしょう。
このコースの指導は実践がベースです。
多くの「教える」実践を重ねることで、あなた自身についてを深く知り、指導への責任と自覚が芽生えます。
指導者を目指さなくとも深くヨガを学びたい人であればどなたでも大歓迎です。


2.少人数制指導と継続学習 
「マニュアルではなく本質を学ぶ」

コースでは専用のマニュアルはありません。
指導者養成コースを初めて受ける人は、経験の浅さから自信がなくマニュアルに頼ってしまうため卒業後もマニュアルにとらわれて可能性を自ら狭めてしまうことがあるからです。
このコースでは「本質」を学ぶため講師と生徒のコミュニケーションを重視して行われます。経験で得られたものはリアルに身につき、観察力、判断力、応用力を伸ばしてくれるからです。
限られた時間を有効に使うため、定員を制限し、毎期、参加者の経験や個性に合わせた内容で指導しています。
chamaの指導者養成コースとしてはベースは同じですが、毎期アプローチが異なります。
そのため卒業生は、毎回コースが続く限り無料で見学をすることできます。(東京・福岡ともに可)
卒業後もコースを客観的に見ることで新たな発見をし、違う角度のアプローチに触れることができます。
受講する方には、コースの修了を終わりと考えずに、新たな学びのスタートととらえて継続して学んでもらいたいと考えています。

3.身につく解剖学 
「カラダを通じて知る自分と他人」

このコースでは、多くのペーアワークやアジャストメントなど普段のヨガスタジオでの練習ではできない多くの経験をします。それは、ヨガへの入り口としても目に見える自分の「カラダ」という最も身近な存在へとのコミュニケーションが重要だと考えているからです。
カラダの声を聞き、動きを知った上でヨガに向き合うことは長くヨガを続ける上で大切なことです。
他人のカラダにふれることから伝わるメッセージをきちんと受け取ることが自分にとってのあらたな学びとなります。
他人と自分との違い、他人と他人の違い、人は全て違うということを受け止め受け入れていくこともヨガのプラクティスの一つです。
実際に自分の身体を動かすだけではなく他人との作業を通じてえられるフィードバックに、きちんと真摯に向き合い、考え、さらなる実践を積んでいく練習をします。


4.プロモーション 
「ヨガの普及についてちょっとだけ真剣に考えてみる」

「ヨガってすばらしい」と感じているあなたのまわりにどれだけ日常的にヨガをしている人がいますか?
あなたという人を通じて多くの人にヨガを知ってもらうことをすこし考えてみましょう。
ヨガの普及を目的とした会社であるTYGとして、指導者養成コースを受講した人に知っておいて欲しい、ヨガの魅力を人に伝えるテクニックを教えます。

【概要】

1.アーサナ&ヨガ指導 担当:chama

アシュタンガヨガやリストラティブヨガをベースとしたヨガのポーズや流派によるポーズのアプローチを学びます。
プロップス(ブロック・ベルト・ブランケット)の効果的な活用法やヨガプログラム作りとグループ指導を経験します。

2.解剖学 *YogaBody基礎コースの受講となります。

【主な内容】
・生きているカラダの仕組みを知る。カラダの動きの仕組みを知る。
・カラダを支える骨格、支柱構造を知る → 脊柱・骨盤・股関節・胸郭
・ケガのないシークエンスを学ぶ


3.アジャストメント指導 担当:chama

アジャストメントの技術を身につけることは指導のためだけではなく、練習者としてもカラダとアーサナへの深い理解をもたらます。
深いリラックスを目指すリストラティブヨガは究極のアジャストメントです。この講座の中では一般的なポーズのアジャストメントだけではなくリストラティブヨガも行います。


4.ヨガ哲学基礎 担当:伊藤雅之(愛知学院大学教授) *土日開催となります。

大学の准教授である伊藤先生によるだれにでもわかりやすいヨーガ哲学の基礎講座。
ヨガを指導する人が知っておきたい基礎的なヨガの哲学や歴史をまなびます。
−ヨーガの心理学 −ヨーガ・スートラの実践テクニック −ヨーガと日常生活
−ヨーガと瞑想 −インドの聖典『バガヴァッド・ギーター』入門等


5.実習・クラス指導&質疑応答 担当:chama
実際に学んだことを実践形式で行ないリアルなグループ指導を行なうことで、フィードバックをもらい責任ある指導者としての心得を学んでいきます。


6.TOKYOYOGA&Practice渋谷 ヨガクラス10回受講

スタジオで様々なインストラクターのヨガクラスを実践し、アーサナの実習とともに、教える視点をからのクラス体験で学びます。

【開催日】

*テーマによって時間がことなります。

2月20日(月)12:00-19:00
2月23日(木)12:00-19:00
2月27日(月)12:00-19:00
3月2日(木)12:00-19:00
3月6日(月)12:00-19:00
3月9日(木)12:00-19:00
3月13日(月)12:00-19:00
3月16日(木)12:00-19:00
3月23日(木)12:00-19:00
3月27日(月)12:00-19:00
3月30日(木)12:00-19:00
4月3日(月)13:00-18:00
4月6日(木)12:00-19:00
4月10日(月)13:00-18:00
4月13日(木)12:00-19:00
4月17日(月)13:00-18:00
4月20日(木)12:00-18:00
4月24日(月)13:00-18:00
4月29日(土)12:00-19:30
4月30日(日)12:00-19:30
5月1日(月)13:00-18:00
5月8日(木)12:00-19:00
5月11日(木)12:00-19:00
5月18日(木)12:00-19:00
5月20日(月)12:00-16:00 16:00-19:00
5月25日(木)12:00-18:00

時間は12:00〜または13:00〜となります。

終了時間は講座によってことなりますので

詳しい資料を御請求下さい。



【開催場所】

Practice渋谷



【受講資格】

ヨガ指導を目指す方

もっとヨガを深めたい練習生

定期的なヨガの経験のある方





【講座受講について】

原則としてお申込の期ですべてのクラスを受講しなくてはなりません。

受講ができなくなってしまった場合、時間数分をTOKYOYOGAの講師による振替授業(1時間5,000円)にて受講いただく形となります。
その場合コースの流れに沿わない内容になる可能性がございますのでご了承下さい。

認定証はすべての課程を修了した時点での発行となります。

欠席が3日を超えた場合はコースの進行状況により継続をご遠慮いただくこともあります。



【200時間指導者養成コースを修了することで得られること】

・自立したヨガ練習生としての姿勢

・基本的な機能解剖学への知識

・アシュタンガヨガならびにハタヨガの基礎と指導

・リストラティブヨガの基礎と指導

・ヨーガの成り立ちへの理解とヨーガ哲学の土台

・ヨガティーチャーとしてのプロモーションの方法

・ヨガティーチャーとしての自覚と自信

・TOKYOYOGA指導者養成コース(200時間)認定証

・全米ヨガアライアンス200時間への登録申請資格

 (200時間の申請にはクラスチケット10回の消化が必須となります)



【お申し込みの前に・・・】

コース中の学びを充実させるためにも、些細なことでもクリアにした上でご受講いただくことが大切と考えています。

ぜひ、電話やメールなどで疑問点や不明点について直接お問い合わせいただき、ご納得のうえでお申し込みください。

chamaの指導を受けたことのない方は、一度ご相談ください。

〜ご相談先〜

お気軽にご相談ください。

TYG (担当:今井)

tt@tokyo-yoga.com

03-6379-1210 (chama指導者養成コースについて、とお伝えいただくとスムーズです)



chama/チャマ

TOKYOYOGAディレクター。

アシュタンガヨガの実践・指導を重ね機能解剖学に精通し、クラニオセイクラルなどのボディワークへの知識を生かしたアジャストメント指導(身体に触れての指導)に定評がある。

また、リストラティブヨガの第一人者Judith Hanson Lasaterの下で定期的に学び、リストラティブ(癒やしと回復)の要素をヨガクラスに取り入れ、心身の回復を目指す人やシニアの指導にあたる。

近年は「自立したヨガ指導者」を育てるための少人数制ヨガ指導者養成講座を開催し、後輩の育成にも力を入れている。

chama



【カリキュラム】

1. アーサナ&ヨガ指導

『アーサナプラクティスの基礎の確立と指導』

ヨガ指導者として、そしてヨガ探求者としてあなたの個人的な練習を深め、構築していきます。

ハタヨガの基本的なポーズの実践と練習、指導方法を学びます。

アシュタンガヨガポーズを素材として動的なポーズへの取り組みと、静的なポーズへの取り組みを分けて学びますので、流派にこだわらず理解を深められます。

後半においてはヨガのグループ指導のためのプログラム作りなども学びます。

また、究極のリラックスヨガと言われる「リストラティブヨガ」の実践と指導法も学びます。



【主な内容】 *内容は変更する可能性があります。

・呼吸

・太陽礼拝

・立位のポーズ

・座位のポーズ

・逆転のポーズ

・プロップス(ブロック・ベルト・ブランケット)の効果的な活用法

・ヨガプログラム作りとグループ指導(アシュタンガ・ヴィンヤサ・ハタ)

・クラス構成の方法



2. 解剖学

『ヨガに役立つ解剖学』 

機能解剖学の基礎知識はヨガ指導者にとって必須と言える知識です。

TYGティーチャートレーニングでは、基礎知識の確立と特にヨガの現場においてすぐに役立つポーズとカラダの関係や怪我の予防などを、長年、鍼灸・整体師として活躍しながらも実際にヨガ指導者としてヨガの現場を見続けている、桜井くみ先生が指導をします。



【主な内容】*内容は変更する可能性があります。

・カラダの生理学的な側面から全体的なシステムを知る

→生きているカラダの仕組みを知る。カラダの動きの仕組みを知る。

・カラダを支える骨格、支柱構造を知る → 脊柱・骨盤・股関節・胸郭

・怪我について → 炎症性の痛みについて(オーバーワークなど)



3. アジャストメント指導

『アジャストメント指導を通じた伝達とカラダへの理解』

アジャストメントとは、手で触れることでポーズの調整とカラダへの意識の方向性を伝える技術です。

TYGでは、この技術を身につけることは指導のためだけではなく、練習者としてもカラダとアーサナへの深い理解をもたらしコミュニケーション能力を上げるためにも大変有益であると考えています。



アジャストメント指導を中心としたマイソールクラスを長年続けているchama先生による指導です。



4. ヨーガ哲学基礎

『わかりやすいはじめてのヨガ哲学』

だれにでもわかりやすいヨーガ哲学の基礎講座。

ヨーガの歴史から、ヨーガの教典の読み方、マントラや瞑想にも触れることができます。



【主な内容】*内容は変更する可能性があります。

・ヨーガの心理学

・ヨーガ・スートラの実践テクニック

・ヨーガと日常生活

・ヨーガと瞑想



5. 実習&プロモーション

『クラス実習とプロモーション』

実際に学んだことを実践形式で行ないます。

リアルなグループ指導を行なうことで、フィードバックをもらい責任ある指導者としての心得を学んでいきます。

また「プロモーション」は、一般的に指導者養成講座では触れられないような、ヨガティーチャーとしての仕事の獲得方法やヨガのコミュニティを育てていくためのSNSやインターネットなどの活用術にまで踏み込んでプロモーション術を紹介。

すぐにでも活躍を目指すヨガティーチャーにとって役立つ情報を具体的に学びます。



6. ヨーガとライフスタイル

ヨーガやインドなどの文化と関わりの深い講座のなかから興味のあるものチョイスして受講することができます。



【主な内容】(予定)

・アーユルヴェーダ基礎講座

・アロマテラピー基礎講座

・東洋医学と体質



【テキスト】

以下、各自ご用意いただく必要があります。

アシュタンガ・ヨーガ 実践と探求 (GAIA BOOKS)
アシュタンガ・ヨーガ インターミディエートシリーズ (GAIA BOOKS)
ヨガボディ(GAIA BOOKS)
現代人のためのヨーガ・スートラ(GAIA BOOKS)(哲学講座にて使用)



12名

*少人数制となりますのでお早めにお申込みください。

*最小催行人数6名

*申込期日:2/1まで



【早割】 409,320円(税込)…1/15までのお支払

【一般】 450,000円(税込)



申込後、一般のワークショップと同じ内容の自動返信メールにてキャンセル規定のご案内がありますが、ティーチャートレーニングのキャンセル規定は別途以下のとおりとなりますので、ご確認ください。



【お支払いの流れ】(分割支払が可能です)

お申込後、3日以内にお支払い下さい。



銀行振込

【振込口座】

三井住友銀行 渋谷支店 普通口座 9098955

(株)TYG

(カ)ティーワイジー

振込手数料はご負担いただいております。ご了承ください。



ご予約金は個人都合での返金はいたしかねます。

お支払いはすべて現金のみとなり、クレジットカードは使えません。

お振込みもしくは店頭払いをお願いします。



【キャンセルポリシー】

受講料返金の際の振込み手数料はお客様の負担となります。

予約金の個人都合による返金はいたしかねます。

キャンセルには以下の取り消し手数料が必要となります。

- 開始日を含む14日より前:受講料の30%

- 開始日を含む14日以内:受講料の60%

- 該当コース開始以降:受講料の100%

インストラクター紹介

スケジュール / 費用・定員

定員:最少催行人数4名

スケジュール 振込

【早期】chama ヨガ指導者養成コース200時間平日開催

chama指導者養成コース

450,360円
(0円)

【体験会つき説明会】

2016年12月26日(月)

0円
(0円)

【体験会つき説明会】

2016年1月6日(金)

0円
(0円)

※キャンセル待ちの表示がある場合は満席のクラスです。お申し込みをしていただければキャンセル待ちの予約となり、空きができた際に先着順でTYGよりご連絡を差し上げます。

場所

Practice渋谷

費用について

【早割】409,320円(税込)…1/15までのお支払い 
【一般】450,000円(税込)

申込後、一般のワークショップと同じ内容の自動返信メールにてキャンセル規定のご案内がありますが、ティーチャートレーニングのキャンセル規定は別途以下のとおりとなりますので、ご確認ください。

【お支払いの流れ】
お申込後、指定期日までにお振込にてお支払い下さい。

銀行振込

【振込口座】

三井住友銀行 渋谷支店 普通口座 9098955

(株)TYG

(カ)ティーワイジー

振込手数料はご負担いただいております。ご了承ください。

ご予約金は個人都合での返金はいたしかねます。

お支払いはすべて現金のみとなり、クレジットカードは使えません。

お振込みもしくは店頭払いをお願いします。