Practice渋谷:クラス紹介

Class Description

  • 体験レッスンまでの流れ
  • レッスンスケジュール
  • レッスン予約
  • 料金表
  • クラス紹介
  • インストラクター紹介
  • アクセス

ヨガクラス説明

開講ヨガクラス 難易度 運動量 初心者におすすめ
アシュタンガヨガ 入門/ビギナー/ベーシック 初級〜中級者向け
ハーフプライマリー 中級〜上級者向け
プライマリーレッド 中級〜上級者向け
マイソールクラス 初級〜中級者向け

アシュタンガヨガとは...

南インド地方、マイソールという町にあるヨガスタジオで教えられているヨガです。
Shri K. Pattabhi Jois氏がスタイルと指導方法を確立し、世界で中で人気のあるヨガのスタイルです。
現在は、Shri K. Pattabhi Jois氏の孫であるR. Shrath Jois氏がその伝統を受け継ぎ、指導をしています。

R. Shrath Jois氏

アシュタンガヨガの特徴

hri K. Pattabhi Jois氏曰く「99% の実践と、1%のセオリー」に象徴されるように、練習をすることが全てをもたらすと言われています。
アシュタンガヨガは、ヴィンヤサと呼ばれる呼吸と動きを連動させた有酸素運動的なスタイルが特徴で、 パワーヨガなどの源流とされています。呼吸と動きを連動させてポーズを繋げて動いていきます。
呼吸とポーズの順番と動きが正確に決められていて、1〜6までのシリーズに別れています。はじめてアシュタンガヨガを練習する人は、プライマリーシリーズと言われる1番目のシリーズから練習します。時間をかけて2番目のシリーズ、3番目のシリーズと進みます。

アシュタンガヨガ

アシュタンガヨガのクラス

アシュタンガヨガのクラスは、大きく2つに別れています。

 

1.先生が誘導をするタイプのクラス

先生が誘導をするタイプのクラス

このタイプのクラスでは、プライマリーシリーズの練習をします。
インストラクターが、呼吸と動きを誘導をします。 Practice渋谷では次のようなクラスがあります。
ビギナークラス・・・初心者におすすめ。呼吸の方法や練習の注意点などの指導があります。その後練習を行います。プライマリーシリーズの3分の1程度を目安に練習します。

ベーシッククラス・・・初級者におすすめ。ポーズの注意点やフォーカスする点などの指導があります。経験者が多い場合は、レクチャーを少なめにし、ハーフプライマリーを行います。プライマリーシリーズの半分程度を行います。

ハーフプライマリー・・・初級者〜ヨガ経験者におすすめ。
インストラクターが、日本語とともに、伝統的なサンスクリットと英語を交えた形式で誘導をするクラスです。 プライマリーシリーズの半分をシンプルに練習するタイプのクラスですので、呼吸と動きの連動が体感しやすく、アシュタンガヨガの流れを知ることができます。

プライマリーレッド・・・ヨガ経験者
プライマリーシリーズの全てをインストラクターが伝統に則って誘導するクラスです。呼吸と動きを連動させてプライマリーシリーズを最後まで行います。プライマリーシリーズの全てのポーズを経験する事ができ、身体の多くの部分を動かすことができます。ヴィンヤサを体感できるクラスですので、普段マイソールクラスを受けている人は呼吸の練習のためにも受講をおすすめします。

2.マイソールクラス

マイソールクラス

アシュタンガヨガの総本山のある地名「マイソール」の名前がついた伝統的なクラス。
アシュタンガヨガはポーズの順番が決まっています。 覚えることで、自分で練習が可能なヨガです。
マイソールクラスでは、道場のように個々に生徒が練習する中を先生が見回り、必要に応じて指導をするクラスです。
経験に応じて、練習する範囲が違います。 初心者は、まずポーズの順番を覚えることから始まります。 なかなか覚えられないかもしれませんが、定期的に練習をすることで身体に身についてきます。 経験者の方でマイソールクラスがはじめてな方も、知っていたつもりのポーズの順番がマイソールクラスではわからなくなることがあります。少しずつ確認しながら進めましょう。
マイソールクラスでは、生徒それぞれが別々に練習をしています。インストラクターは個々の経験値や個々に合った指導をしたり、練習の成熟度をみて新しいポーズの取り方を教えてくれます。
プライマリーシリーズ以降のポーズを練習するには、まずマイソールクラスでプライマリーシリーズの全てを練習する必要があります。その後、インストラクターの判断で、次のシリーズであるインターミディエートシリーズ(セカンドシリーズ)の指導がされます。

アシュタンガヨガのQ&A

Q.アシュタンガヨガの前後で食事をしてもいいですか?

A.アシュタンガヨガの動きは内臓に大きく働きかけます。
そのため、胃腸が空っぽの方が身体を動かしやすく、効果を実感しやすいと言われています。
しかしながら、身体が不調になるような空腹は避けた方が良いと思われますので、食事をされるときは、量を控えたり消化しやすいものを選ばれると良いでしょう。

Q.アシュタンガヨガの途中で水を飲んでもいいですか?

A.アシュタンガヨガの伝統としてはお水は飲まないとされています。
理由は諸説ありますが、アシュタンガヨガの動きは体内で熱を作っているため、途中でお水を飲むと急激に身体を冷やし体調を壊すことがあります。
Practice渋谷では、特に禁止はしていませんので、ご自身の体調をみながらご判断ください。

Q.どのクラスを受けたらいいでしょうか?

A.ヨガ初心者の場合は、ビギナークラスや入門クラスをおすすめしていますが、ヨガ経験者でアシュタンガヨガは未経験の場合は、ご興味のあるクラスにを何個かご受講することをおすすめしています。
アシュタンガヨガの練習についての全体像が理解できるかと思います。

Q.アシュタンガヨガはどのくらいの頻度で行えばいいですか?

A.ヨガは継続することが最も重要です。
アシュタンガヨガは反復練習のヨガです。回数を重ねると徐々に身体が慣れてきます。 最低でも週に1回行うと良いでしょう。
週に1回でも、2回でも、毎日でも、身体に無理のない範囲で定期的に続けられる頻度で継続をしてください。

Q.初めてでもマイソールクラスに参加できますか?

A.アシュタンガヨガのマイソールクラスは、どなたでもご受講できます。
マイソールクラスの指導法として、まず最初の数回は、自分が練習する範囲のポーズの流れを覚えるということが主な練習となりますので、先生が誘導するクラスとは違うと言うことをご理解ください。

マイソールクラスが初めての場合、先生が何度かアドバイスをしますが、常にマンツーマンでつきっきりというわけではありません。
先生が他の生徒を指導している間は、自ら練習をしてみようという姿勢で行う方がマイソールクラスを楽しむことができます。

tokyoyogaのアシュタンガクラス

妊娠時のアシュタンガヨガプラクティスについて

妊娠時のアシュタンガヨガクラス参加は以下の4点が必要となります。
受講前にお電話にてご相談の上お越し下さい。
1.安定期に入っていること
2.アシュタンガヨガの経験があること
3.クラスのインストラクターが許可すること
(妊婦の指導経験がない場合などは先生が拒否する場合もあります)
4.妊娠時の免責事項同意書にご記入いただくこと
※ぜひお読みの上ご参加ください。
参考資料:妊娠時のアシュタンガヨガプラクティスについて

アシュタンガヨガについてyoutubeでチェック!

TOKYOYOGAディレクターchamaが監修した動画レッスンサイト「美Laive」で
アシュタンガヨガの基本「スーリヤ・ナマスカーラ」の流れを見ることができます。